予防のために歯医者へ通おう!~予防歯科のすすめ~

術前

術後

むし歯歯周病はお口の病気の代表的なもの。日本人が歯を失う原因として、この2つの病気が大部分を占めます。また、いずれも、その原因はプラーク(歯垢)の中に生息する病原菌。つまり、お口の中からこれら病原菌を減らすことができれば、病原菌が悪さをすることがなく、むし歯や歯周病を予防することができるのです。

江東区南砂町の歯医者「いわさき歯科クリニック」では、究極の低侵襲治療のひとつとして、予防歯科を重視し、幅広い予防メニューを扱っています。いずれも痛みや不快感を伴うものではありません。ぜひ活用していただいて、治療が不要な健康なお口を維持してください。

トラブルが起きてから歯医者へ通う時代ではなくなりました

歯医者は通うきっかけは、痛みやしみる症状が出てから。むし歯や歯周病になってやっと、焦って通い始めるという方が大多数です。しかし、こういったトラブルが起きてから治療を行うことは、お口全体の寿命を縮めることにつながります。

治療後の健康なお口をキープしていく、予防歯科の大切さ

その場しのぎの処置を行うことは、歯を失うリスクにつながります。特に歯質を削る処置は、どんなに上質な人工物で補っても、少なからずダメージを受けており、元の状態に戻すものではありません。また、感染症であるむし歯は再発しやすい病気。治療に治療を重ねることで、歯を失うリスクがどんどん高まっていることは想像に難くないでしょう。

お口の病気については、現在予防の方法が確立されており、病気を未然に防ぐことが可能です。歯科先進国である欧米諸国では、病気になってから歯科医院へかかるのではなく、予防のために通う人が大多数。その成果は、高齢者の残存歯数の数値としてはっきりと現れています。私たち日本人も、そろそろ治療のためではなく、予防のために歯科医院へ通うことを考えるべき時代が訪れているのです。

予防歯科メニュー

いわさき歯科クリニックがおすすめする予防メニューをご紹介します。

ブラッシング指導

お口の健康維持のために重要なのは、毎日のブラッシング。むし歯や歯周病の原因菌が棲みつくプラークをしっかり落とすために、効果的なブラッシングを身につけましょう。当クリニックでは、患者さん一人ひとりのお口の状況に合わせた、適切なブラッシング方法、デンタルケア方法をご指導しています。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗る処置です。フッ素には、歯からとけだしたミネラル分を再吸収させる「再石灰化」を促進させる効果があります。再石灰化は歯質を強化しますので、むし歯に強いお口になります。

PMTC

PMTCはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、専門家の手による専門機械を使った歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングだけではカバーできない汚れの除去を、予防の専門家である歯科衛生士が徹底的に行います。最後は歯の表面を磨き上げ、プラークや汚れがつきにくい状態にします。お口の中から細菌の数が減りますので、さっぱり爽快感が手に入ります。

咬み合わせチェック

咬み合わせが乱れていると、ブラッシングがしづらいことが多く、むし歯や歯周病を引き起こす原因となっていることがあります。また、お口周りの筋肉の動きに悪影響を与え顎関節症などにつながっていることも考えられます。咬み合わせチェックからは、お口から始まるあらゆる病気を未然に防ぐためのヒントが得られます。

【定期検診でお口の健康を守りましょう】

お口の健康維持のために重要なのは、毎日のセルフケア。しかし、自分で行うデンタルケアを完璧にできている人はほとんどいません。また、日々の変化には気づきにくいため、むし歯や歯周病のサインを見落としている可能性もあります。そういった面からもリスクを回避するために、当クリニックでは定期検診をおすすめします。

定期的に歯科医院に通う理由

東京都江東区|診療予約|いわさき歯科クリニック