地域の歯科医療に欠かせない「ホームデンティスト」を目指して~院長インタビュー~

―――「いわさき歯科クリニック」は、江東区南砂町という土地で地域医療に携わっているわけですが、院長先生の意気込みをお聞かせください。

院長:江東区南砂町で開業し、地域のみなさまのお口の健康をお支えできていることを大変嬉しく思っています。これからもこの場所が一人ひとりの患者さんとの出会いの場になり続けると思うと、わくわくすると同時に、身が引き締まる思いです。

当クリニックでは、「ホームデンティスト」という言葉を念頭に置いた診療を行います。具体的には、1.親子治療の提案と実践2.不安を抱かせない診療、そして、3.患者さんの立場に立った治療の3つを柱として考えています。

―――それでは、その3つの柱について一つずつおうかがいしていきます。まず一つ目の「親子治療」という言葉ですが、これはどういった意味ですか?

院長:例えば、お子さんの治療に見えたお母さん(もしくはご家族の誰か)自身が、治療を必要としているというケースが少なからずあります。しかし、子どもを連れてきているからという理由で、自分のことは後回しにしてしまいがちなんですね。口腔内の問題は後伸ばしにすればするほど、治療が面倒になってきます。できるだけ早い段階で小さな問題を解消していくことで、健康は維持できるものです。ですから、親子でまとまった時間にご予約いただいて、いっぺんに治療を受けていただこうというものです。

当クリニックでは、お子さんもお母さんも安心して治療を受けられるよう、通常は診療室と離れた場所に設けられるキッズスペースを、診療室内に持ってきました。ベビーカーでもそのまま診療室までお入りいただけます。スペースも広めに確保していますから、付き添いの方、保護者の方、お母さんの治療を待つお子さんにも安心して過ごしていただけます。

また、治療を受けるお母さんにも安心していただけるよう、お子さんを飽きさせない工夫も用意しています。それが、スマイルタッチシステムの導入です。スマイルタッチシステムは、治療ユニットに付属したモニターでアニメなどを見られるシステムです。人気のアニメだけでなく、歯科についての子ども向け教育アニメもありますので、治療時の説明にも活用します。

―――それはお母さんも安心ですね。では、2つ目の「不安を抱かせない診療」とはどういったものですか?

院長:歯科を受診するのに抵抗感を持つ方は少なくありません。そのほとんどが「怖い」「痛い」といった感情によるものです。そういった不安感を丁寧に解きほぐしながら、安心して治療が受けられる環境をつくるということですね。いつでも何でも相談しやすい態度をスタッフがとることや、きちんと説明して治療内容を伝えて納得していただいてから治療を始めること(インフォームドコンセント)、その日どういった治療をするのかきちんと説明することも徹底します。

こういったことで「何をされているのかわからない」といった不安感を払拭したいと考えています。これは、未就学のお子さんに対しても年齢に合わせてわかるような言葉で伝えます。お子さんにも、自分が尊重されているという気持ちを持ってもらうことが大切だと考えています。
より具体的なものとしては、無痛治療への取り組みがあります。表面麻酔・湿潤麻酔(電動麻酔器使用)など、段階を追って痛みを抑えるために麻酔を施します。必要に応じて考えられる痛みをできるかぎり小さなものにすることが、不安や恐怖心を和らげることにつながると考えます。

―――では、3つ目の柱「患者さんの立場に立った治療」とはどういったものでしょうか?

院長:はい、これは、今までお話した内容の総括的なものとなります。すべてに通底する考え方ですね。私たち治療者は、いつも患者さんにとってのベストを尽くさなくてはなりません。

当クリニックでの「患者さんの立場に立った治療」の具体例をあげるなら、ますはスピーディで無駄のない診療、効率のよい治療ということがあります。病院や歯科医院では待ち時間がどうしても発生してしまいます。待合室や診療ユニットで患者さんを待たせる時間のことを「チェアタイム」といいます。これをいかに短くするかということに取り組みます。

また、治療方針や治療費の明示を徹底します。インフォームドコンセント(説明と同意)を重視し、きちんとわかりやすい説明を行います。その上で、患者さんの気持ちを尊重し、選択していただいた治療方を精密に的確に行うこと、それが私たちの果たすべきことだと考えています。

―――なるほど。では、最後にこのページをご覧になっている方へ簡単にメッセージをお願いします。

院長:「いわさき歯科クリニック」は、地域の皆さんにお口のことなら何でも相談できる存在でありたいと思っています。
まずは、一人ひとりの患者さんと真摯に向き合い、誠実な診療、精密な治療をご提供することが第一歩になると考えています。信頼関係を築くためにも、患者さんの立場になってどのように伝えるか、何が気になられているかを考えながら、お口の専門家としての知識・技術を磨いて行くつもりです。皆さんのご来院を心よりお待ちしています。

院長紹介

院長 岩崎 浩芳

略歴

平成15年
日本大学 松戸歯学部 卒業
平成26年
いわさき歯科クリニック 開業

東京都江東区|診療予約|いわさき歯科クリニック