入れ歯が合わないときは他の補綴(ほてつ)治療もご検討ください

入れ歯が合わない場合、入れ歯の調整や交換が考えられますが、そのほかの補綴(ほてつ)治療を検討してみてもいいかもしれません。補綴治療は、入れ歯以外に、ブリッジやインプラントがあり、それぞれメリットとデメリットがあります。ご自身のお口の状況やライフスタイルに合った治療法を選ぶことことが大切です。

補綴(ほてつ)治療の種類

  入れ歯 ブリッジ インプラント
入れ歯 ブリッジ インプラント

歯型を採って、取り外し可能な人工歯を作る治療法。技術に歴史がある。 失った歯の両隣の歯を支えとして、橋を架けるように固定式の人工歯を取りつける治療法。 歯を失った場所の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、上部に人工歯を装着する治療法。



  • あらゆる症例に対応可能
  • 身体にダメージが少ない
  • 保険適用される
  • 早期かつ安価に完成する
  • 日本全国修理・調整が可能
  • 見た目に自然な仕上がり
  • 保険適用が可能
  • 噛み心地は良い
  • しっかり噛める感覚が取り戻せる
  • 1本で固定できるため周囲の歯へ負担がかからない
  • 見た目に天然歯と遜色ない美しさが実現する




  • 慣れるまで時間がかかる
  • 次第に合わなくなってくるため調整が必要
  • しっかり噛める入れ歯を作るためには自費診療となる
  • 見た目に入れ歯とわかりやすい
  • 両隣の健康な歯を大きく削ることになり負担が大きい
  • 支えとする歯をいずれ失うことになる可能性が高い
  • 保険適用されないため自費診療となり高額
  • 外科手術が必要なため、慢性疾患などを理由に治療が受けられないことがある
  • 治療に時間がかかる(半年~1年)
  • インプラント周囲炎になりやすい

このように、補綴治療にはそれぞれ特徴があります。もっともポピュラーなのは入れ歯治療ですが、ケースバイケースで他の治療法が最善策となることもあります。江東区南砂町の歯医者「いわさき歯科クリニック」では、保険適用の入れ歯製作はもちろん、患者さんのご要望にお応えしながら、ぴったりのご提案をいたします。

現在お使いの入れ歯に合わない、外れやすい、痛みがあるといったお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。一緒にお口にぴったりの補綴治療を検討しましょう。

保険診療と自費診療、どこが違う?

歯科診療では、治療に入る前に保険診療か自費診療かをお選びいただくことができます。その違いは、自己費用負担額を保険がカバーしてくれるだけではありません。選択できる素材やタイプに大きな幅があるのが自費診療です。

  保険診療 自費診療
素材タイプ 歯科用レジン(プラスチック)のみ
部分入れ歯は金属バネつきのみ
現在入手できるさまざまな素材やタイプからぴったりのものを選べる
費用 安い 高い
強度・耐久性 壊れやすいが修理も簡単 壊れにくいが修理できないものもある
使い心地 しっかり噛めない
次第に合わなくなる
しっかり噛めるものが作れる
自分に合ったものが作れる

取り扱い入れ歯

保険適用の入れ歯(レジン床義歯)

保険適用で作れる入れ歯です。床部分に歯科用レジン(プラスチック)しか使えず、強度を保とうとすると、どうしても床に厚みが出てしまいます。そのため、装着時に違和感があったり、しっかり噛めるまでに時間がかかったりします。部分入れ歯の場合は、残った健康な歯に金属のバネをひっかけて入れ歯を支えることとなります。いずれも見た目に入れ歯とすぐにわかります。

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯を支えるクラスプ(金属バネ)がないもので金属アレルギーの心配がなく、見た目が良好。歯ぐきへの吸着がよい特殊な樹脂(シリコンなど)で作られており、快適な使用感を得られます。

金属床義歯(コバルトクロム)

人工歯が並ぶ床に金属を使用した総入れ歯です。金属で頑丈な床となるため、薄く軽く作ることができます。食べ物の温度が伝わりやすく、おいしく食事を楽しめます。耐久性も高く、汚れの付着が少ないのもメリット。金属を使っているため、金属アレルギーの心配がある方にはおすすめできません。自費診療となります。

取り扱いブリッジ素材

保険の金属ブリッジ

目立ちますが、保険適用ですので治療費を抑えて作ることができます。金属アレルギーがある方にはおすすめできません。

オールセラミックブリッジ

ブリッジに使われる素材のすべてに、セラミック(陶材)を使用したものです。透明感ある素材で、天然歯のような白さ・美しさを持ちます。金属を一切使っていないため、金属の溶け出しによる変色などもありません。もちろん金属アレルギーがある方にも安心して使用できます。

ハイブリッドセラミックブリッジ

金属の土台に、ハイブリッドセラミックを接着させたブリッジです。ハイブリッドセラミックとは、セラミックとレジンを掛けあわせたもの。セラミックほどの美しさはありませんが、粘り気があるため噛み合う歯への負担を軽減できます。

メタルボンドセラミックブリッジ

金属の土台に、セラミック(陶材)を焼き付けたブリッジです。美しさと耐久性を兼ね備えていますが、金属アレルギーの心配がある方にはおすすめできません。

東京都江東区|診療予約|いわさき歯科クリニック